公益社団法人 高知県森と緑の会

平成17年度緑の募金の収支

募金額内訳

収入
平成17年募金種別内訳
募金総額
17,945,307円
(平成17年1月1日〜平成17年12月31日)

「緑の募金」へのご協力、ありがとうございました。
これらの募金は、県下の森林整備、緑化の推進、国際協力に役立てられます。
今後も「緑の募金」へのご協力、よろしくお願いいたします。
公益社団法人 高知県森と緑の会 理事長

支出内訳

支出
平成17年度募金支出内訳
19,324,000円
*前期繰越額を含む
(平成17年4月1日〜平成18年3月31日)

緑の募金はさまざまな事業に活かされています。

皆様からいただいた平成17年度「緑の募金」は、次のような事業に活用させていただきました。

公募事業
3月から11月までに行う「森林の整備」や「緑化の推進」等の事業に対して公募を行い、助成をしています。

27件

高知県内における水源林の保全
水源の森づくり・整備や下刈・間伐などの森林育成、上流域と下流域の連携によって行われる森林づくり、里山の保全活動など。

35件

地域の緑化計画や緑化運動
みどりの街づくり、みどりの少年団活動、学校林づくりなど、高知県内での緑化に関する普及啓発活動。

1件

高知県民が行う国際緑化事業
熱帯雨林再生、砂漠化防止などへの参加や林業技術者の派遣。

直営事業
緑の募金を使い、(社)高知県森と緑の会が主体となって、森林に関する様々な事業を行っています。

■緑の少年団全国大会
昨年(平成17年7月)、緑の少年団全国大会高知大会を開催。大会実行委員会のメンバーとして、式典の運営や体験活動等を行っています。
■レジ袋を削減して森づくり事業
平成14年度に「レジ袋を削減して森づくり」をスローガンにレジ袋削減推進会議を立ち上げ、12の量販店でレジ袋削減の取り組みを進めています。いの町(旧吾北村)のレジ袋削減の森には、約3,000本を植樹し、一つの森となっています。
■木のおもちゃにふれあう事業
県下の保育所や幼稚園等に、木のおもちゃを使ってもらうことで緑に対する関心や、森のもたらす自然環境への興味を持ってもらうことをねらいとして、木のおもちゃを貸し出す事業を行っています。

事業内容

Facebook

Link

TOPへ HOME