公益社団法人 高知県森と緑の会

平成19年度緑の募金の収支

募金額内訳

収入
平成19年募金種別内訳
募金総額
14,124,752円
(平成19年1月1日〜平成19年12月31日)

「緑の募金」へのご協力、ありがとうございました。
過去最低であった平成18年度に比べてもわずかであるが減収でした。
これらの募金は、高知県下の森林整備、緑化の推進、国際協力に役立てられます。
今後も「緑の募金」へのご協力、よろしくお願いいたします。
公益社団法人 高知県森と緑の会 理事長

支出内訳

支出
平成19年度募金支出内訳
16,391,483円
*前期繰越額を含む
(平成19年4月1日〜平成20年3月31日)

緑の募金はさまざまな事業に活かされています。

皆様からいただいた平成19年度「緑の募金」は、次のような事業に活用させていただきました。

公募事業
4月から11月までに行う「森林の整備」や「緑化の推進」等の事業に対して公募を行い、県内のボランティア団体等や、地区森と緑の会と市町村支部へ助成をしました。

16件

高知県内における水源林の保全
水源の森づくり・整備や下刈・間伐などの森林育成、上流域と下流域の連携によって行われる森林づくり、里山の保全活動など。

20件

地域の緑化計画や緑化運動
みどりの街づくり、みどりの少年団活動、学校林づくりなど、高知県内での緑化に関する普及啓発活動。

2件

高知県民が行う国際緑化事業
高知県内の団体「安徽省日中友好の森づくりネットワーク」中国安徽省と行っている「安徽省日中友好の森づくり事業」活動への助成。

直営事業
緑の募金を使い、(社)高知県森と緑の会が主体となって、森林に関する様々な事業を行っています。

■木のおもちゃにふれあう事業
県下の保育所や幼稚園等に、木のおもちゃを使ってもらうことで緑に対する関心や、森のもたらす自然環境への興味を持ってもらうことをねらいとして、木のおもちゃを貸し出す事業を行っています。
■緑化関連イベント事業
・イベントの開催
(「アマゾンの百姓」長坂優氏の講演や、越知町横倉山自然の森博物館10周年共催イベント)
・高校生への支援
(森林環境学習への支援)
・地域住民の植樹活動への苗木の支援
■樹木医セミナー事業
高知県緑サポーター会が企画・運営し、日本樹木医会高知県支部の樹木医や高知大学教授を講師として1シリーズ6回のセミナーを開催。高知市と幡多地域(平成19年度に初めて開催)の2ヶ所で行った。

▲おもちゃの配達

▲四万十高校取り組みへの支援

▲講義のようす

▲シイタケのコマ打ち体験

▲苗木の支援(梼原町)

▲現地研修(城西公園)

事業内容

Facebook

Link

TOPへ HOME