公益社団法人 高知県森と緑の会
こうち山の日推進事業

こうち山の日推進事業とは

「豊かな森林の恵みに感謝し、森林や山を守ることの重要性に対する理解と関心を深め、県民一人ひとりが森林を守る活動に参加し、また自ら行動することによって山を守り育て次代へと引き継いでいく」とした、「こうち山の日」(11月11日)」の制定趣旨に基づいて、この普及啓発に資する取組(事業)を募集します。
 この「こうち山の日推進事業」では、これらにかかる経費(謝金、交通費、実費など)を、予算の範囲内で補助金として交付し、これらの活動を支援します。

対象となる事業内容

「こうち山の日」の制定趣旨に基づいた以下の取組とします。

<森づくり体験活動> 1.間伐 2.環境整備 3.植栽 4.竹林整備

<木使い体験活動>  5.木工 6.木材普及

<森林体験と教育>   7.森林体験 8.森林環境教育 9.山の一日先生派遣

注)山の一日先生派遣の申請については1団体等1申請のみとする

補助の対象となる経費

賃金・報償費(講師謝金)、旅費、需用費(消耗品・燃料・印刷製本・資材・クラフト体験材料費等)、役務費(傷害保険料・通信運搬料など)、委託料(木材の加工・軽土木工事費等)、使用料および賃借料(車両、機材借り上げなど)が対象経費となります。
※注)・賃金は1人1日あたり6,000円までとし、補助金実施額の20%以内とする。(9.山の一日先生派遣 を除く)・講師は県内在住講師のみとし、金額は1人1日あたり30,000円以内までとする。
※注)・事業主の資産に成りうる物品等の購入は対象外と成ります。
【(例)チッパー、木材搬出機、チェーンソー、刈り払い機など 】

詳しくは、募集要領にある表を参考にして下さい。また、補助対象内か対象外か判断が難しい場合は、事務局にお問い合わせください。

事業期間

 事業実施期間 : 交付決定日から平成30年1月末日まで

申請(提出書類) 1〜8の事業

1. 交付申請書 (別記第1号様式)
2. 実施計画 (別紙1)
3. 収支予算総括表(別紙2)
4. 収支予算書(別紙3)
5. 団体概要書(別紙4)
6. 各団体の団体規約、会員名簿、その他参考資料

申請(提出書類) 9 山の一日先生派遣

1. 交付申請書 (別記第2号様式)
2. 山の一日先生派遣実施計画書 (別紙1)
3. 山の一日先生派遣収支予算総括表(別紙2)
4. 山の一日先生派遣収支予算書(別紙3)
5. 団体概要書(別紙4)
6. 各団体の団体規約、会員名簿、その他参考資料
 
提出期限

五次募集締切 : 平成29年9月29日(金) 消印有効

概算払い (交付決定額の60%以内)

 

申請者資格

実施者は、市町村等または高知県内に事務局等を置く法人、任意団体(事業内容9.は個人も可能)とします。また、次の要件すべてに該当する者であることとします。詳しくは募集要領をよくお読み下さい。
(1) 自ら企画した事業を、県内で実施可能な団体等であること。
(2) 「こうち山の日」の制定趣旨を十分に理解している団体等であること。
(3) 責任能力のある者が中心となって構成された団体等であること。
(4) 当事業において、営利を追求しない団体等であること。
(5) 明朗な会計、経理を実施、報告できる団体等であること。
(6) 政治団体、または宗教団体でないこと。
(7) 実施事業の公表に異議がないこと。
(8) 暴力団等に該当する団体でないこと。
 
 

補助率

定額となります。ただし、実施団体が市町村等の場合は、2分の1以内となります。

補助限度額

補助限度額は、事業内容によって異なります。
区分補助限度額
森づくり1. 間伐25万円以内
2. 環境整備
3. 植栽
4. 竹林整備
木使い5. 木工
6. 木材普及
森林体験と教育7. 森林体験
8. 森林環境学習
9. 山の一日先生派遣75万円以内
提出場所

事務局(公益社団法人高知県森と緑の会)

提出方法

郵送もしくは持参で提出してください。

提出部数

1部

その他

(1) 提出された書類は、原則として返却しません。
(2) 提出書類の様式は、必要に応じて適宜枚数を増やして作成してください。
    ただし、記載項目は変更しないでください。
(3) 提出書類の作成に要する費用は、提出する団体等が負担してください。
(4) 提出された書類は、選定段階の際に必要な範囲において複製することがあります。

審査について

選定委員会

選定を厳正かつ公平に行うため、「こうち山の日推進事業補助金選定委員会要領」に基き、森林環境や林業等についての見識者「こうち山の日推進事業補助金選定委員会」(以下「選定委員会」といいます。)を設置し、次にあげる事項を審議したうえ、本事業に適した事業を選定します。
(1) 補助金交付申請書等の審査
(2) 補助金交付申請書等の評価
(3) その他必要と認めること

評価の基準

選定するための評価の項目は、次にあげるとおりです。
評価項目評価の視点
(1) 基本的な考え方「こうち山の日」の制定趣旨に基づいているか
(2) 事業の内容内容が地域の特性を活かし、独創性または先進性に優れているか
県民から幅広い参加が得られるか
(3) 実現性提案団体等の執行体制は十分か(実績・事務体制等)
9.山の一日先生派遣については幅広い学校等からの要望に対応可能な体制か
(4) 広がり県民(県外を対象とするものにあっては県外)に広く周知することは可能か
県内での「こうち山の日」の幅広い普及啓発を期待できるか
事業の実施を通じて、地域での新たな展開および波及効果が期待できるか
(5) 投資効果投資に比べ、高い事業効果が期待できるか

選定の方法

選定委員会は、5名の委員が評価項目ごとに5段階評価(A:20点、B:15点、C:10点、D:5点 E:0点)でそれぞれ採点し、交付申請ごとに合計点を算出し、点数の高いものを選定の基準とします。ただし、これにより難い場合は、選定委員会の合議により採択事業を選定します。

結果の通知

交付決定については、申請のあったすべての団体に、通知します。

公開

選定の公正性、透明性および客観性を保つため、採択された計画調書等および選定結果は公開することがあります。

こうち山の日推進事業 募集要領ほか

こうち山の日推進事業 様式 ダウンロード

事業内容

Facebook

Link

TOPへ HOME