公益社団法人 高知県森と緑の会

もりのくに・にっぽん運動「森と共生する知恵・技・暮らし」普及促進事業の募集について

事業目的・内容

 もりのくに・にっぽん運動では、自然を守り育て、その恵を暮らしに活かすための優れた知恵や技を受け継ぐ人を「森の名手・名人」として毎年選定しています。そして、「森の名手・名人(及び後継者)」の森と共生する知恵や技、暮らし方、価値観を次世代に引き継ぎ、日本の「人づくり」「森づくり」「地域づくり」に貢献するために本事業を実施します。
 「森の名手・名人」をお招きして、緑の少年団や小中高生の課外活動や森林環境教育、体験学習やエコツアー、森づくり等のボランティア活動に関する講習会等を行いませんか。
 各都道府県緑化推進委員会(高知県は(公社)高知県森と緑の会)や名人推薦団体等が、地域内の市民団体や学校、緑の少年団、組合、インストラクター会等と連携して実施する事業に対して、経費の一部を支援します。
 事業の詳細については、実施要領をご覧ください。

高知県で選定された「森の名手・名人」

事業実施期間

平成28年7月1日〜平成29年6月30日

申請方法

「森と共生する知恵・技・暮らし」普及促進事業 申請書(様式1)を作成し、(公社)高知県森と緑の会に提出してください。

実施要領および申請書等様式

「もりのくに・にっぽん運動」と「森の名手・名人」について

事業内容

Facebook

Link

TOPへ HOME